代行のメール配信によるメリットデメリット

代行のメール配信には便利なメリットがある

代行のメール配信のメリットとしてまず挙げられるのは、メールの対応をするためのスタッフを置かなくて済むという点です。特に規模の小さな職場の場合には、スタッフが他の仕事をしながらメールの対応もしなければならなくなるので、効率良く働けなくなってしまう恐れがありますが、代行のメール配信を利用すればスタッフ全員が本来の仕事に集中することができます。また代行のメール配信であれば、職場で働いているスタッフがいない夜間であってもメールの対応が可能となります。顧客の中に深夜にメールを送ってくる人がいた場合に、迅速に対応できればイメージアップにつながることも期待できます。またプロの作成したマニュアルに則ってメールの文面が作成されるので、その内容のクオリティーが高くなるというメリットも考えられます。

代行のメール配信にはデメリットもある

代行のメール配信には色々なメリットがあるため、基本的には利用すると便利なものではあるのですが、デメリットが全くないのかと言うと、実はそうでもありません。そのデメリットとして考えられるのが、メリットの一つとして挙げたマニュアルに関するものです。代行のメール配信を実施している業者は、色々な場面を想定してマニュアルを作っているものでしょうが、中にはそれでは対処できないような事例にぶつかることもあり得ます。そういった場合に、自分たちの職場からメールを送るのであれば、その事例に関しての責任者が最善だと考える対応を取ることができるでしょう。しかし、代行のメール配信のばあいには、その対処とその責任者の考えとの間にずれが生じる可能性があるのです。

メール配信のサービスは今やショップ、IT企業等様々な組織が取り入れています。消費者は新鮮な情報をスマホなどで手軽に得ることができ、買い物や就職活動にも活用できます。