予算に合わせた代行によるメール配信

固定型のメール配信代行が便利

会社規模の小さいネットショップだとメール配信サービスを使う時にコストが気になるといえるでしょう。小規模の会社なら月額固定費用で利用できるメール配信代行サービスを使うと良いです。プランが複数用意されているサービスで、規模に応じたものを選択できます。
業者によって多少内容が違っていますがおすすめはメールの送信が無制限にできるところです。こういう業者はメールアドレスの登録数によりプラン分けされています。一番安いプランは登録数が1000件最高プランだと5万件近くにアドレス登録が可能です。
会社の規模が大きくなると、それに応じてプラン変更が出来るので使い勝手も良いといえます。安い場所なら月額1000円くらいで利用できるのでおすすめです。

大量に送るなら従量制がおすすめ

従量制はメールの配信数により料金が変動するシステムです。1通あたりの金額が設定されているサービスで大体0.5円くらいの金額で利用できます。メリットはメール件数により柔軟に対応する事ができるところにあるといえるでしょう。
固定タイプだとメールアドレス登録件数に限界がありますが、こちらは実質無制限となっています。多くの顧客を持つ大企業なら利用して損のないサービスです。
従量制のメリットは即日利用できるところにあります。すぐにサービスを利用したい急いでいる方に適しているの必見です。機能面も充実しているのでステップメールの配信も可能となっています。タイミングを考慮して配信できるステップメールはマーケティングに重要な要素となっているのが特徴です。
お金に余裕のある企業は従量制を採用しましょう。

メール配信APIは、便利なメール配信システムです。高速大量配信ができ、メールをしっかり届けることが出来ます。